フィンジアとリアップ・イクオスの成分の比較してみました^^

育毛業界では多くの新商品がでていて、常にライバルの多い業界です。

そんな中で、あなたがどの商品がいいのかわからなくなるのも当たり前です。

  • フィンジアがいいの?
  • それともリアップ
  • はたまたはイクオス

なんて疑問が出て悩む方も多くでてきます。

なので、今回の記事では、下記の商品について成分について比較してみましたので、是非参考にして、

自分にあった育毛剤を見つけてほしいと思っています。

薄毛の自分を改善して新しい自分になったいきましょうね^^


フィンジアの成分について

まずはフィンジアの成分について記載していきますね。

フィンジアの主な成分は下記になっています。

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • カプサイシン

キャピキシルは薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)という成分の生成を抑制してくれる期待ができます。

原因である成分を抑制してくれるので結果薄毛になりにくい頭皮環境になっていきます。

なので、間接的に効果が期待できますよ。

 

次に、ピディオキシジルについては、薄毛の原因である、ヘアサイクルの乱れを正常に戻してくれる期待ができます。

薄毛の原因は、髪の毛の成長期にしっかりと髪の毛が成長しなくて短い期間になってしまうことをいいます。

なので、結果十分に成長できなかった髪の毛はミニチュア化してしまいます。(髪の毛が細く弱くコシのない髪の毛のこと)

ミニチュア化しないためにフィンジアの成分であるピディオキシジルの効果が期待できる訳なんですね。^^

最後にカプサイシンという成分は、唐辛子の辛みの成分でおなじみの成分ですよね。

辛み成分というくらいなので、頭皮に浸透して発汗作用を与えます。

頭皮が発汗して毛根が開き、効果的にフィンジアの成分である

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル

が浸透してより高い効果が期待できます。

この成分がなかったら、しっかりと頭皮に成分が浸透していないので、

届かないとやっぱり効果が鈍くなってしまうので、カプサイシンはフィンジアには欠かせない成分です^^

また、フィンジアについては下記サイトがしっかりと記載されていますので、是非見てみてくださいね。

詳しくはこちら


リアップの成分について

次にリアップの成分について説明していきますね^^

実はリアップは医薬品に分類されているので、副作用の可能性がある分高い育毛効果が期待できます。

では見ていきましょう。^^

リアップの主要成分については下記になっています。

  • ミノキシジル
  • ピリドキシン塩酸塩
  • トコフェロール酢酸エステル
  • Lメントール

↑この4つの中で一番重要な成分はミノキシジルになります。

ミノキシジルは臨床実験から高い発毛効果が期待できると報告されている成分になります。

ですが一部副作用で

・初期脱毛
・多毛症
・頭皮のかゆみ・湿疹・ふけなど
・立ちくらみ・めまい
・動悸
・むくみ

といった副作用も報告されていますので、注意が必要です。

その他の成分はミノキシジルの効果を高めてるための補助成分です。

ピリドキシン塩酸塩は頭皮の皮脂の過剰の分泌を抑える効果が期待できます。

そして、トコフェロール酢酸エステルは皮脂の酸化を防ぎ頭皮の保護してて頭皮を守ってくれる期待や

最後に、Lメントールは頭皮のかゆみを抑え清涼感を与えてくれる期待ができます。

この3つの成分があって初めてミノキシジルの効果が発揮されるってことなんですよ^^


イクオスの成分について

最後にイクオスの成分について解説していきますね。

まずイクオスの新成分については下記になります。

  • アルガス2(Algas-2)
  • ペルベチアカナリクラタエキス
  • スサビノリエキス

上記し海藻エキスがたっぷりと配合されています。

フィンジアやリアップとはまた違う成分が配合されいて面白いですよね。^^

アルガス2という成分については、ミノキシジルと同等の発毛効果があると言われています。(イクオスの公式サイトより)

また、天然の海藻エキスになっているので肌の弱い方もでも安心して使うことができますよ^^

次にペルベチアカナリクラタエキスについては、厳しい環境下で生まれている海藻sの主成分になるので、

育毛剤や化粧品などの使われていて優れた生命力と保水力をもっています。

最後にスサビノリエキスについては、この成分に含まれている「ポルフィラン」にはヒアルロン酸と同等かそれ以上の吸保水力があると言われていいます。

髪の毛の強度の向上に期待できる成分になります

 


以上、フィンジア、リアップ、イクオスの成分について簡単に説明しました。

どうでしょうか。

成分1つとっても同じ商品がありません。

↑ようは、自分でどの成分が自分に一番あうのか考えないといけません。

私は成分についての説明や気づきを与えることができればいいと思っています。

 

最後の行動についてはしっかりと考えて選んでくださいね^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

その他にも記事をどんどん書いていきますので、是非他の記事も見ていってくださいね^^

 

 

 





>>フィンジアの公式サイトはこちらから